自分に合う白髪染めヘアカラーを見つけました

一番初めに自分の白髪を発見したのは、20代の終わり頃の事でした。
父親は若白髪で、30代半ばでロマンスグレーのような状態でした。
自分には関係ないと思っていましたが、自分も同じ年代に入ると白髪染めが必要になり始めたのです。
30代前半は、まだ髪の毛の表面の白髪はチラホラある程度だったのですが、半ばになると、表面の特に一番目立つ前髪あたりに白いものが目立ち始めるようになりました。
職場でも「後頭部に白髪生えてるよ」と同僚に言われ、初めて全体的に白髪が生えている事に気付き、ため息が出ました。
最初は美容院で染めていたのですが、正直家計にも響くので、現在はもっぱら市販の利尻昆布での白髪染め方法を使っています。
しかし、これと言って気に入る商品は見つからずにいました。
というのも私の髪質は固い、黒い、多いの3拍子が揃っていて、指定の時間放置しても髪の内部まで浸透することがなく、染まったといっても薄っすら茶色に光っていて、ムラが目立ちます。
他の黒髪もほとんど染まりません。
お風呂場での、白髪染め効果のあるトリートメントも試してみました。
しかし、5分10分放置したぐらいでは染まらないし、のぼせてしまうのでやめてしまいました。
ただ何年も前の事なので、現在はもっと効果の高い商品が発売されているのかもしれません。
半ば諦めていたところ、1年ぐらい前の事、今まで見たことのないヘアカラー商品をドラッグストアーで発見しました。
ひと箱600円程度で値段も手ごろという理由で、購入することにしました。
染めている際の臭いは若干気になるのですが、今までより白髪がしっかり染まっていてムラがあまりありません。
期待していなかった分、得した気分になりました。
色持ちも割といいので、この白髪染めを買いだめするようになりました。
完全には染まらなくても、自分の髪質を考慮すれば贅沢は言っていられません。
カラーバリエーションも豊富なので、色選びも楽しみになりました。
今までは、ほとんど染める事は義務に思っていましたが、今は少しだけヘアカラーが楽しく感じています。

標準